自分の感性や思いを『ファッション』を通じて表現するファッションデザイナー。今回はそんなファッションデザイナーについてまとめました。将来ファッションデザイナーになりたいと思っている人は、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

目次:

1.ファッションデザイナーになるまでの道のりは?

2.どんな人がファッションデザイナーに向いている?

1.ファッションデザイナーになるまでの道のりは?

ファッションデザイナーと一言に言っても
・企業に勤めるファッションデザイナーになりたいのか?
・自分のブランドを立ち上げたいのか?
など、どのようなファッションデザイナーになりたいのかによってその道のりは異なります。
企業に勤めるファッションデザイナーになりたい場合には、大きく2つの方法があります。
1つ目は、専門学校・大学・短期大学などで服飾やファッションに関する知識を学んだあと、就職活動を通して企業やアパレルブランドのデザイナーとして働く方法です。
現在、ファッションデザイナーとして働いている人の多くは、この過程を経ています。
専門学校・大学・短期大学には企業とのつながりがある場合も多いため、まず企業に勤めてファッションデザイナーとしての力をつけたい人や安定してファッションデザイナーとして働きたい方には、この方法が最も合っていると言えるでしょう。
2つ目は、アパレルメーカー内で部署異動する方法です。まず、アパレルメーカーに販売員や営業担当などとして就職したあと、
デザイン担当の部門に異動することで、ファッションデザイナーとして勤務することができます。
しかし、デザイン担当の部門に異動するためには、デザインに関する知識や技能があるということを証明する必要があるため、資格をとったり自分の力をつけたりした上でそれを表現することが大切になるでしょう。
自分のブランドを立ち上げたいと思っている方も、まずは企業や既存のブランドで勤務することをお勧めします。なぜなら、自分のブランドを立ち上げるとファッションデザインに加えて
・自分のブランドを広めるための営業活動
・金銭の管理
・人事マネジメント
などの業務もしなければならないためです。
こうした業務をどのように行えば良いのか?どのような人が必要なのか?ということは、実際に組織の中で学ぶことが一番でしょう。
そのため、自分のブランドを立ち上げたいと思っている人もまずは、企業や既存のブランドでファッションデザインに関する実践力や業務に関するノウハウを学ぶことをお勧めします。

2.どんな人がファッションデザイナーに向いている?

ファッションは、時代や社会的背景、インフルエンサーの影響などによって流行が目まぐるしく変化します。
そのため、ファッションデザイナーにはそうした時代のニーズをキャッチする力や感じたこと・理解したことを表現する豊かな感性が必要になります。
こうした力は一朝一夕でつくものではないので、たくさんの人や事象と関わったり、自分の考えを表現したり、評価されたりする活動を通して、豊かな感性を磨いていくことをお勧めします。

まとめ:

ファッションデザイナーというと、明るく華やかな世界を想像する方も多いと思いますが、その背景にはたくさんの努力やトライアンドエラーがあります。自分の感性を大切にしながら、技能や表現力を磨いていくと良いでしょう。また、自分が得た力を客観的に証明するために、カラーコーディネーター認定試験や洋裁技術認定試験などの試験を受けることもお勧めします。

参考:

ESMOD Fashion Work Media