学生時代、多くの人が『友達に関する不安や悩み』を感じるでしょう。とくに、友達が離れていくことやいなくなることが不安で怖いと感じる人も多いのではないでしょうか。今回はそんな友達関係の不安や悩みについてまとめました。現在学生の方や学生の子どもがいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

目次:

1.友達が離れていく、いなくなることが不安・怖いと感じるのはなぜ?

2.友達関係が不安・怖いと感じている時はどうすれば良い?

1.友達が離れていく、いなくなることが不安・怖いと感じるのはなぜ?

では、なぜ友達が離れていく、いなくなることを不安・怖いと感じるのでしょうか?

今回は、藏本知子氏の研究を参考にその理由を探っていきます。
近年『一人でいるところを見られるのは不安だ』という考えをもつ若い人が増えているようです。こうした心理状態は『ひとりぼっち恐怖』や『ランチメイト症候群(一人で昼食を食べているところを見られたくないことから)』と呼ばれることもあります。
『ひとりぼっち恐怖』や『ランチメイト症候群』の人は、一人でいることそのものが怖いのではなく『一人でいる』=『友達がいない』と周りに思われること、すなわち『ネガティブな評価が自分につけられてしまうこと』が苦痛なのだといいます。(和田:2010、辻:2009)
このことから、友達が離れていく、いなくなることが不安・怖いと感じている人は『ネガティブな評価が自分につき、自分自身が否定されてしまうということに不安や恐怖を感じているということになります。
たとえ、周りが自分に対してそんなことを思っていなくても、自分自身の中でそういった思いが発生してしまうと、とにかく不安になってしまいますよね。
また、こうした心理背景から『一人で浮いた存在になりたくない』というネガティブな理由のためにグループにしがみついたり、友達と合わないと思っていながらも『特定の関係性を無理して保とうとし、自分の本心と板挟みになってしまい、その板挟みに苦悩してしまう』ということもあるようです。

2.友達関係が不安・怖いと感じている時はどうすれば良い?

では、実際に今『友達関係について不安や恐怖を感じている』という人はどうすれば良いのでしょうか。 不安や恐怖を無くしていく、即ち問題解決していくにあたっては

・今、自分はどのようなことに悩んでいるのか?

・今、どのような状況なのか?

・前に悩みや不安のきっかけとなるような出来事があったのか?

など、様々な状況や情報を考慮して対応していくことが大切になります。

しかし、自分事として悩んでいる時には状況や情報を冷静に捉え、客観的に物事を考えていくことは難しいでしょう。 そのため、このような悩みを抱えている時には『誰かに相談すること』が最も大切になります。
先生や友達、家族など信頼できる人に今の状況や心の内を話し『一緒にどうしていくと良いか?』を考えていくと、自分には無い視点で物事を捉えたり、問題解決に向けて考えたりしていけるでしょう。
当サイトも、悩みを持っている人の力に少しでもなれればという思いのもと運営しているので、もしお悩みのことなどがありましたら、HPトップ画面上部の『お問い合わせ欄』よりお気軽にご連絡ください。

まとめ:

人間関係の悩みは生涯つきません。とくに『学校』という自分でできることが限られている閉ざされた空間の中では『友達関係』に苦悩する方も多いでしょう。

そのような時に、一人でその悩みを抱え込んでしまうと、どうしても考えが煮詰まってしまいます。そのため、悩んでいる時や不安な時には、その悩みや不安を誰かに話すと良いでしょう。
学校にはスクールカウンセラーという不安や悩みを聞いてくれる専門の人もいます。 自分が納得するまで、周りの人に話を聞いてもらったり、話をしたりすると、気持ちが落ち着いてきたり、問題解決に近づいていったりするかもしれません。
繰り返しになりますが、当サイトも、悩みを持っている人の力に少しでもなれればという思いのもと運営しているので、もしお悩みのことなどがありましたら、HPトップ画面上部の『お問い合わせ欄』よりお気軽にご連絡ください。