お金は生涯を通じて生活を支える大切なものです。そのため『自分が生涯どのくらいお金を稼ぐのか?』ということを知った上で、人生の計画を考えていけると良いでしょう。今回はそんな生涯年収についてまとめました。

 

目次:

1.生涯年収の平均はどのくらい?

2.高卒と大卒では、生涯年収はどれくらい違う?

 

1.生涯年収の平均はどのくらい?

労働政策研究・研修機構がまとめた『ユースフル労働統計2020』内の『生涯賃金など生涯に関する指標』では、生涯賃金の平均は次のように示されました。

生涯賃金(学校を卒業し直ちに就職し、60歳までフルタイムで正社員を続ける場合。退職金は含めない)

中学卒男性:1億9930万円

中学卒女性:1億4540万円


高校卒男性:2億1370万円

高校卒女性:1億5200万円


高専・短大卒男性:2億1770万円

高専・短大卒女性:1億7720万円


大学・大学院卒男性:2億7210万円

大学・大学院卒女性:2億1570万円

 

2.高卒と大卒では、生涯年収はどれくらい違う?

前述の

高校卒男性:2億1370万円

高校卒女性:1億5200万円

大学・大学院卒男性:2億7210万円

大学・大学院卒女性:2億1570万円

というデータの通り、高卒と大卒の生涯年収を比べると、男性で5840万円、女性で6370万円の違いがあることがわかりました。

 

 

まとめ:

進学や就職するタイミングなどは、家庭や周囲の環境などにより一人ひとり異なるでしょう。通信制の高校や大学で高卒資格・大卒資格を取得するという方法もあるので、自分の置かれている状況を踏まえた上で、最適な判断をしていけると良いでしょう。

 

参考:

労働政策研究・研修機構『ユースフル労働統計2020』